ブログ

2016年05月31日(火) 09:32

大阪営業所 運行前車両点検研修

5月9日(月)に大阪営業所で、集配ドライバーを対象に運行前車両点検の研修を行いました。

今回は毎月第1週目の月曜日に行っている月例点検日を利用して、1人で行う運行前車両点検の適正な点検方法・効率的な手順・適正箇所と不適正箇所の体感の違いを学んでもらいました。

まず、点検を行う車両に3ヶ所の作為箇所を作ります。
タイヤの空気圧の適正・不適正については、天候とスペースの問題もあり、別の場所に空気圧の異なるタイヤを2つ設置して、実際に打検ハンマーで音と感触の違いを体感してもらいます。
002

適正な点検方法をインストラクター養成研修に出席している田之上次長・伊東課長・吉村班長・丸山班長・畠山ドライバーが手本を見せて手順を学んでもらいます。
003

インストラクターがチェック役を行い、実際にドライバーの皆さんに運行前車両点検を行ってもらいます。
004 005

適正箇所と不適正箇所の違いを再度確認して、違いを覚えてもらいます。
001 006

今回、ドライバーに適正な点検を行わないと重大事故の原因につながるということを学んでもらうために運行前点検研修を行いましたが、改めて点検の方法を教育・指導する機会が必要であることを再認識しました。

今後は、ドライバーの点検作業を確認して、適正に点検が出来ているかチェックする方法にしていき、事故防止に努めていきます!

水銀灯からLEDへ